オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

オゾン発生器

このページは、気体のオゾン放出をメイン機能とする「オゾン発生器」のページです。

オゾン発生器とは、気体のオゾンを発生させ、消臭や除菌に利用する機器であり、脱臭機や消臭機などとも呼ばれることがあります。
オゾンを水に溶かしこんだオゾン水生成が目的の場合、オゾン発生器ではなく、オゾン水生成器のページに移動して下さい。

オゾン発生器には、業務用と家庭用製品があります。
業務用と家庭用では、オゾン発生量、風量、使用環境など、何から何まで違います。
家庭用オゾン発生器は、業務レベルでは使えませんし、逆に、業務用製品は無人環境で使用する必要があるため、それを知らずに一般のご家庭で使うことは危険です。(オゾンの性質をよく理解したうえで正しい使い方をされる場合は別です)

業務用・家庭用、用途にあった適切な製品をお選びいただくために、当サイトでは「業務用」と「家庭用」を明確に分けています。下記ボタンからお進み下さい。

(あわせて読みたい参考記事)
オゾン発生器の正しい選び方

よくある質問

オゾン発生器とオゾン水生成器は何が違うの?
気体か液体かの違いです。オゾン発生器は気体のオゾンを放出して室内空間や自動車の車内を消臭除菌することがメインの機器です。一方、オゾン水生成器は水の中にオゾンを溶け込ませ、機械設備や手術器具の洗浄・除菌や、衣類のクリーニング、食品工場の衛生環境向上等に活用されています。
オゾン発生器の中にはオゾン水の生成もできる機種があるが、それを購入すれば「オゾン放出」「オゾン水生成」両方できますよね?
はい、そのような一部の多機能な機種ではそれが可能です。ただし、オゾン発生器でオゾン水生成もできる機種であったとしても、その生成方法はバブリング方式のため、多くのオゾン水生成器に採用されている電解式ほどの高濃度オゾン水は生成方法できません。機種にもよるので一概にはいえませんが、バブリング式のオゾン水生成のでは1ppmが上限ですが、電解式であれば3〜5ppmあるいはそれ以上の濃度も可能です。
逆に、オゾン水生成器で気体のオゾンを放出して使うなどはできません。必要とするオゾン水のオゾン濃度によって適切な機器をお選び下さい。
業務用と家庭用のオゾン発生器では何が違いますか?
オゾン発生量と風量、使用環境がまったく異なります。
たとえば、より強い効果を期待して、業務用製品を家庭用としてお使いいただくことできません。
詳しくは、記事リンクをご覧いただくとして、用途が業務用であれば業務用オゾン発生器の中から。用途が家庭用であれば、家庭用オゾン発生器の中からお選び下さい。
総合得点が1位の製品を選べば失敗しませんか?
概ねその通りですが、たとえば、総合得点が2位であっても、清掃業界ではユーザーから高い評価を受けているパンサーJは業種別「清掃関連業」部門では第1位となっています。そのようなケースもあるため、業種別のページから各業種で評価が高い最適な1台をお選びいただくとさらに失敗する確率は低くなります。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ