オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

業務用オゾン水生成器 オゾンバスターインダストリー

業務用オゾン水生成器 オゾンバスターインダストリー
生成可能濃度 10pt
処理水量 9pt
買いやすさ 10pt
操作性 10pt
実績 9pt
総合得点 48/50(総合得点第1位)
オゾンバスターインダストリーは、オゾン発生器メーカー「オゾンマート」が製造・販売する業務用のオゾン水生成器です。

オゾンバスターインダストリーは、処理可能水量が〜200Lまでの産業用及び研究用で利用されている大型オゾン水生成器です。本ページ内にオゾンバスターインダストリーを使用して高濃度オゾン水を生成する動画も用意しているので本機の導入をご検討の方は是非参考にして下さい。

同社のオゾンバスターシリーズには、処理可能水量が〜10Lまでの家庭用・業務用兼用の「オゾンバスター」、そして処理可能水量〜50Lまでの「オゾンバスターPRO」があり、本ページで紹介する〜200L対応のオゾンバスターインダストリーがあります。「誰でも」「簡単」「すぐに」高濃度のオゾン水が生成できる点は、オゾンバスターやオゾンバスターPROと変わりません。(同シリーズは、使い方もいたってシンプルで、3製品すべてで共通しています)

水を貯めたタンクやプール等の中に本機(本体)をチャポンと入れ、電源をONにするだけで、すぐに高濃度オゾン水の生成が開始されます。そのため、食品工場や農業の現場、研究用途等、実に幅広く利用されています。

「高濃度のオゾン水が多量にほしい」ということであれば、もはやこの製品以外に選択の余地はないでしょう。

※当サイトからオゾンバスターインダストリー公式サイトへのリンクは「最安値保証リンク」となっております。
※製品の保証内容は、公式サイトを含める全サイトどこで購入しても違いはありません。
※新型コロナウイルスの影響で需要が高まっています。今ご購入いただければ即時出荷されますが、在庫がなくなり次第、予約販売に切り替わります。(2020.10.22時点)

オゾンバスターインダストリーの仕様及び基本データ

業務用オゾン水生成器 オゾンバスターインダストリー
製品名オゾンバスターインダストリー
総合得点48/50(業務用オゾン水生成器部門第1位)
メーカーオゾンマート
生成可能濃度(最大)4ppm以上(最大)
処理可能水量〜200L
能力(電極面積)オゾンバスターの16倍
設置・取付工事不要
用途業務用
外形寸法W80mm×H255mm×D80mm
重量1.4kg
動作電圧DC12V
定格電流40A
生成方法電解式
製品寿命2,000時間(累計通電時間)
メンテナンス使用頻度によるが、3〜6ヶ月に1回程度、付属する専用洗浄剤で電極部に付着するカルシウム結晶の除去作業。
販売価格298,000円(税別)※最安値確認済み
製品名オゾンバスターインダストリー
総合得点48/50(業務用オゾン水生成器部門第1位)
メーカーオゾンマート
生成可能濃度(最大)4ppm以上(最大)
処理可能水量〜200L
能力(電極面積)オゾンバスターの16倍
設置・取付工事不要
用途業務用
外形寸法W80mm×H255mm×D80mm
重量1.4kg
電源DC12V
定格電量40A
生成方法電解式
製品寿命2,000時間(累計通電時間)
メンテナンス使用頻度によるが、3〜6ヶ月に1回程度、付属する専用洗浄剤で電極部に付着するカルシウム結晶の除去作業。
販売価格298,000円(税別)※最安値確認済み

オゾンバスターインダストリーで生成するオゾン水のオゾン濃度

オゾンバスターインダストリーで生成するオゾン水のオゾン濃度

オゾンバスターインダストリーに限らず、電解式のオゾン水生成器で生成するオゾン水のオゾン濃度は、少なからず3つの影響を受けます。それは「水量」「水質(硬度等)」「水温」です。

また、水は水道水かミネラルウォーターのみを利用して下さい。その理由は、井戸水を使用すれば故障の原因になり、純水や精製水・蒸留水等の不純物がまったくない水では電解が起きず、オゾン水が生成されないからです。

基本的には、水量が少なければ少ないほど、水質的に硬度が高ければ高いほど、高濃度のオゾン水が速やかに生成されます。

日本全国の平均硬度は51ml弱であり、日本国内の水道水であれば、問題なく使用できますのでご安心下さい。
ただし、硬度が高い地域と低い地域では、表に示す時間や濃度に若干の誤差が生じることがあります。
※海外で使用したいという方は購入前に現地の硬度を調べてから購入されることをおすすめします。
※海外で使用される場合、1年間の無償修理保証適用外になる可能性があります。詳しくはメーカーに直接お問い合わせ下さい。

POINT「硬度」について
「硬度120ml以上の水は硬水」「硬度120ml未満の水は軟水」
と呼ばれ、簡単にいってしまえば、「水に含まれるマグネシウムとカルシウムの量が多いか少ないか」を示しています。

【水道水の硬度が高い地域】
埼玉県、千葉県、東京都、福岡県、熊本県、沖縄県は水道水の硬度が比較的高いため、表で示すより(若干ですが)短時間で高濃度のオゾン水が生成されます。

【水道水の硬度が低い地域】
宮城県、秋田県、山形県、富山県、愛知県、島根県、広島県は水道水の硬度が低いため、硬度が高い地域と比較して、高濃度オゾン水を生成するために少し余計(下記表の1.5倍程度)に時間がかかるかもしれません。
※5リットルの水道水に対し0.1gの塩を入れることでオゾン水のオゾン濃度が上がりやすくなります。ただし、塩の量が多いと過電流で動作しなくなる場合があるのでご注意下さい。

【その他の地域】
表中の時間や濃度を参考にして下さい。

水温が15℃の場合、下記表を参考にオゾン水を生成して下さい。

時間/水量 50L 200L
1分 1.72 0.95
5分 3.02 1.10
10分 3.47 1.25
15分 3.56 1.52
20分 3.80 1.68
30分 4.0以上 2.10

単位:ppm

水温が20℃の場合、下記表を参考にオゾン水を生成して下さい。

時間/水量50L200L
1分1.760.97
5分3.101.20
10分3.481.30
15分3.571.56
20分3.801.69
30分4.0以上2.15

単位:ppm

水温が30℃の場合、下記表を参考にオゾン水を生成して下さい。

時間/水量 50L 200L
1分 1.78 0.99
5分 3.16 1.28
10分 3.50 1.35
15分 3.58 1.59
20分 3.88 1.74
30分 4.0以上 2.30

単位:ppm

業務用オゾン水生成器 オゾンバスターインダストリー
動画を再生

見る人が見ればこのパワフルさがお分かりいただけると思います。メーカー公表の処理可能水量は「200L」ですが、これをみると、300Lでも問題なく役割を果たしてくれそうです。

オゾン水生成動画その②
動画を再生

この製品の特徴

オゾンバスターインダストリーの特徴

オゾンバスターインダストリーの特徴は主に5つあります。

  • コスパの高さと最安値価格での購入について
  • 1年間の無償修理保証付き
  • 簡単・誰でも・すぐに多量の高濃度オゾン水が生成できる
  • 耐久性の高さ
  • 口コミや評判の件数が膨大

この5つの特徴についてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

【特徴①】コスパの高さと最安値価格での購入について

ここでは、オゾンバスターインダストリーの「コスパの高さ」と「価格設定及び最安値」について触れたいと思います。

【コスパの高さについて】
業務用のオゾン水生成器は数多くありますが、オゾンバスターインダストリーほどの低価格でこれほどまでの性能・品質の製品は確認できていません。

当然ですが、「コスパが高い」というのは「価格が安い」こととは別の話しです。つまり、「安かろう悪かろう」ではありませんよ、ということです。
通常、オゾン濃度4ppm前後のオゾン水を200L前後生成できるオゾン水生成器は安くても50万円。高ければ100万円を超えます。性能や耐久性はオゾンバスターインダストリーとさほど変わりませんので、単純にそれらの製品と比較してオゾンバスターインダストリーはコストパフォーマンスが高いという結論になります。また、他の大型オゾン水生成器の場合、ランニングコストも馬鹿になりません。オゾンバスターインダストリーのランニングコストは(使用頻度にもよりますが)半年か1年に1回程度購入する洗浄剤くらいのものです。この洗浄剤は3,000円前後で購入でき、オゾンバスターインダストリーのランニングコストを他社製品と比較してもインダストリーに優位性があるといえます。

【最安値価格について】
オゾンバスターの販売価格は、次のとおりです。(表示価格は税抜)

楽天→318,000円
ヤフーショッピング→318,000円
Amazon→318,000円
公式サイト→298,000円

つまり、公式サイトで購入すると他サイトより20,000円(税別)安く、最安値価格で購入できます。まったく同じものが異なる価格で販売されているだけなので、せっかく購入されるのでしたら是非最安値価格でご購入いただければと思います。
※製品の保証内容は、公式サイトを含める全サイトどこで購入しても違いはありません。

【特徴②】1年間の無償修理保証付き

オゾンバスターインダストリーには、同シリーズの他の製品と同じく「1年間の無償修理保証」が付いていますが、その内容は「購入後1年以内に故障した場合、無償で修理します」というものです。
※誤った使い方をした場合や海外(の水道水)で使用したことが原因の故障等については対象外です。

「安い買い物ではないのだから、そのくらい当たり前」と思う方もいるかもしれません。しかし、当サイトが知る限り、オゾン水生成器を販売しているメーカー及び販売店でここまで潔く無償修理保証をしているのはきわめて珍しいケースだといえます。それもそのはず。分からなくもありません。何故なら、オゾン水生成器は水(液体)を扱います。水を扱う機器は、水を扱わない機器より故障しやすいというのは皆さんもご想像できるかと思います。
※オゾンバスターインダストリーの場合、水を扱うというより、水の中に本体をチャポンと沈ませて使うのでなおさらです。

しかし、オゾンバスターインダストリーを販売するオゾンマートはこれをはっきり「購入から1年間は無償修理保証する」と言い切っています。このような保証があれば、オゾン水生成器の購入を検討している多くの方にとって安心材料になるはずです。

【特徴③】簡単・誰でも・すぐに多量の高濃度オゾン水が生成できる

オゾンバスターインダストリーが人気の理由に「使い方が簡単」という点があげられます。

【ランニングコストについて】
使用していると、本体にカルシウム結晶が付着してきます。これをそのまま使っていると生成効率が低下するため、定期的に除去して下さい。そのときに使用するのが「洗浄剤」です。購入時に付属してきますが、その分がなくなれば、洗浄剤だけは別途購入が必要になります。(使用頻度にもよりますが、半年や1年に1回程度この洗浄剤を使って、オゾンバスターインダストリー本体に付着するカルシウム結晶を除去する)

そんなに使いませんが、たくさん使った場合でもこの洗浄剤は安く購入できるため、ランニングコストとして気にするレベルではありませんのでご安心下さい。

【オゾンバスターインダストリーの使い方/オゾン水の作り方】

  1. 付属の電源に接続
  2. タンクやプール、浴槽等に水道水またはミネラルウォーターを入れる(〜200L)
  3. オゾンバスターインダストリー本体全体が水の中に浸かるように水の中に入れる
  4. 電源を入れる

生成時間(スイッチをONにしている時間)については先に紹介した水温別の表を見ながら、1分〜30分間の範囲でご利用下さい。
※連続して30分以上使用しないで下さい。

【特徴④】耐久性の高さ

オゾンバスターインダストリーをはじめ、オゾンバスターシリーズの作りは非常にシンプルです。作りをシンプルにすることで故障率を下げているものと思われます。そのため、他のオゾン水生成器と比較し、耐久性は高く、長期間使用することが可能です。低電圧電解式という技術が使われており、電極寿命は2,000時間です。この場合の電極寿命というには「累計通電時間」と考えてもらって結構です。

1回の使用が20分間
1日の使用が6回
1ヶ月で3,600分間(60時間)
1年間で720時間
2年間で1,440時間
3年間で2,160時間

つまり、設計の理論上は、1日6回(20分間×6)毎日使用しても2年間以上使える計算です。

オゾンバスターインダストリーを実際に手にとってもらえれば分かると思いますが、とにかくシンプルで堅牢な作りになっています。耐久性は当サイトお墨付きです。(当サイトではオゾン水を利用した実験のため本機を複数台所有しています)

オゾンバスターインダストリーの口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

オゾンバスターインダストリーは食品工場や農業、研究用途に利用されています。利用者が専門家のことが多く、また個人で使用しているわけではないこともあり、オゾンバスターのようにたくさんある利用者の声をここでご紹介することはできませんでした。

オゾンバスターシリーズには、「オゾンバスター」「オゾンバスターPRO」「オゾンバスターインダストリー(本ページ)」と3つの製品がありますが、異なるのは電極面積だけであとはほぼ同じです。そのため、オゾンバスターの口コミや評判はオゾンバスターPROやオゾンバスターインダストリーに通じるものがあります。

そこでここでは、オゾンバスターの口コミと評判を少しだけご紹介したいと思います。オゾンバスターインダストリーの導入を検討している方は是非これを参考にされて下さい。

あっという間に高濃度のオゾン水ができるので購入しました!

オゾンバスターを購入した理由は、オゾンが欧米では普通に除菌用として水道水とかに使用されてると聞いたからです。

実際に調べてみると、その効果はとても有効なものでした。日本で、どこかいいオゾンメーカーがないのかネットで調べてたところ、オゾンマートを発見しました。その中でも、オゾンバスターは安価で、コンパクトでいいですね。

スイッチを入れるとすぐにオゾンが発生し、あっという間に高濃度のオゾン水が出来上がります。オゾンバスターがあれば、ちょっと除菌したいと思う場所があってもすぐに使えます。

まだ、購入したばかりですが、いろいろ試していこうと思っています。

外科内科クリニック

イチゴの無農薬栽培の除菌に使っています。

弊社ではイチゴの栽培を行っており、無農薬栽培の除菌にオゾンバスターが使用できるのではないかと思い、試験運用として購入しました。

オゾン水の農業利用は注目されている分野ですが、オゾン生成器は高価で、今までは手が出せずにいましたが、6月にオゾンマートで除菌キャンペーンをしていたので、その機会に購入しました。オゾンバスターは、水道水に浸けるだけで、オゾン水が作成できるというのが簡単でよいです。

また、価格も大型機械の何分の1で済み、試験使用でのリスクマネジメントができます。農作物だけなく、農資材の清掃にも利用しています。

製菓メーカー

工場の排ガス臭対策としてオゾン水が使えないかという技術検討のために

工場の排ガス臭対策としてオゾン水が使えないかという技術検討のために、購入をしたのがきっかけです。オゾン水の効果について調べたところ、除菌と消臭効果がありそうで、技術検討の後の本体は家庭の掃除用に使用できそうだなと考えていました。

オゾン水を下水に無処理で流しても環境負荷がない等、薬品系よりも面白そうという期待感もありました。簡単にオゾン水ができることが、オゾンバスターの何よりの利点です。最初、独特のオゾン臭が気になりましたが、慣れれば気にならなくなりました。百均のバケツや水筒を専用のオゾン水発生容器として使用しており、台所、洗面台、お風呂にできる赤いカビやフローリングの床など、拭き掃除に使用しています。

ヌメリや臭いに効果があるようで、台所の排水口にオゾン水をかけ流すと、ヌルッとした状態から、生ごみのカケラだけが残り、ヌルヌルを触る気持ち悪さから解放されました。ペットはいませんが、部屋を閉め切ることが多く、出張で留守にしがちなので、カビ対策としても清潔な部屋を維持でき、家庭の掃除用水としても活用しています。

一般レビュー

下の「メーカー公式サイト」ボタンから購入すると、楽天・Amazon・ヤフーショッピング等で購入するより20,000円(税抜)安く、最安値価格で購入できます。
※当サイトからオゾンバスターインダストリー公式サイトへのリンクは「最安値保証リンク」となっております。
※製品の保証内容は、公式サイトを含める全サイトどこで購入しても違いはありません。
※新型コロナウイルスの影響で需要が高まっています。今ご購入いただければ即時出荷されますが、在庫がなくなり次第、予約販売に切り替わります。(2020.10.22時点)

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ