オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

ペット関連業におすすめのオゾン発生器・オゾン水生成器

宿泊施設の支配人様

動物病院の院長様・ペットショップ企業の社長様

ペットショップの経営者は「臭わない店」「快適な店」にするために、衛生管理に多額の投資をしていることでしょう。

ペットショップなど、動物ビジネスを展開する動物取扱業者は、事業を始めるときに動物愛護管理法に基づいて都道府県に届け出て、環境省の省令とおりに動物たちを管理しなければなりません。ところが、行政から「衛生状態」について改善指導されるペットショップ等は年間300件を超えます。「臭わない快適な店」がある一方で、「悪臭漂う不快なペットショップ」が存在するのはそのためです。ペットショップの衛生管理をより簡単に、かつ、より効果的に行う方法があります。オゾン発生器を導入することです。この機械は、病院やクリーンルームで使われるくらい殺菌、脱臭、漂白に優れています。

【2020.08.20】
コロナとペット関連業について、こちらにまとめましたので、あわせてお読みいただければと思います。
ペットショップから飼い主に教えてあげて【犬猫のコロナ感染の真実】

宿泊施設の支配人様

動物病院の院長様・ペットショップ企業の社長様

ペットショップの経営者は「臭わない店」「快適な店」にするために、衛生管理に多額の投資をしていることでしょう。
ペットショップなど、動物ビジネスを展開する動物取扱業者は、事業を始めるときに動物愛護管理法に基づいて都道府県に届け出て、環境省の省令とおりに動物たちを管理しなければなりません。
ところが、行政から「衛生状態」について改善指導されるペットショップ等は年間300件を超えます。
「臭わない快適な店」がある一方で、「悪臭漂う不快なペットショップ」が存在するのはそのためです。

ペットショップの衛生管理をより簡単に、かつ、より効果的に行う方法があります。
オゾン発生器を導入することです。
この機械は、病院やクリーンルームで使われるくらい殺菌、脱臭、漂白に優れています。

【2020.08.20】
コロナとペット関連業について、こちらにまとめましたので、あわせてお読みいただければと思います。
ペットショップから飼い主に教えてあげて【犬猫のコロナ感染の真実】

オゾンプラスでは、メーカー公表のスペックや販売価格などから5つの指標をもとに慎重に精査し、スコアリングを行っています。また、広告サイトなどでたまに見かける偏った情報ではなく、あくまでも客観的事実に基づきおすすめの機種をご紹介しています。「この製品を詳しく」のボタンから製品個別ページをご覧いただければ、その信憑性にご納得いただけるはずです。是非、下記製品の中から貴施設に最適な1台を見つけて下さい。

BestChoice!

Best Choice!
製品スペック・販売価格・ネットでの口コミや評判等の利用者の生の声をもとに調査をし、この業種からの信頼が厚く、実績も多数であることが確認された製品。このアイコンが付いた製品を選んでおけば失敗はないとされるもの。

プラスな1台

プラスな1台
先に説明した「Best Choice!」アイコンは付かないものの、他製品と比較して「コストパフォーマンスが異常に高い」「この業種に圧倒的な実績・信頼がある」「この製品にしかない特別な機能がある」等、何かしら突き抜けた価値を持つ製品。

アイコンの説明です。
アイコンの説明です。
BestChoice!

Best Choice!
製品スペック・販売価格・ネットでの口コミや評判等の利用者の生の声をもとに調査をし、この業種からの信頼が厚く、実績も多数であることが確認された製品。このアイコンが付いた製品を選んでおけば失敗はないとされるもの。

プラスな1台

プラスな1台
先に説明した「Best Choice!」アイコンは付かないものの、他製品と比較して「コストパフォーマンスが異常に高い」「この業種に圧倒的な実績・信頼がある」「この製品にしかない特別な機能がある」等、何かしら突き抜けた価値を持つ製品。

ペット関連業で高い評価を受けるおすすめのオゾン発生器

動物病院やペットサロン等のペット関連業において、衛生問題は死活問題です。これはこの言葉をよく耳にする何かのたとえではなく、動物を扱う業種では、衛生環境が悪いと動物から動物、動物から人への感染症対策はきわめて重要な問題になります。ペット関連業で支持されているオゾン発生器の特徴的なところは、上位2機種は無人環境(動物等含む)で使用する業務用オゾン発生器なのに対し、3位に家庭用オゾン発生器「オゾンクルーラー」が選ばれている点です。これは「無人環境で一気に消臭除菌したい」という思いと「有人環境(動物等含む)で常時稼動させたい」という思いを感じる印象的な順位です。ただ、ここで家庭用オゾン発生器が1台ランクインはしたものの、選ばれているのが家庭用としてよく見かける「オゾン発生量1mg/hr」等の製品ではなく、家庭用ながらもモードによっては業務用レベルのオゾンクルーラーですから、この業種で多くの人が問題解決されたいその悪臭レベルの高さはなかなか手ごわいようです。

BestChoice!

第1位 オゾンクラスター1400

メーカー オゾンマート
総合得点 47/50
オゾン発生量 1,400mg/hr
風量 4,250L/min
オゾン水生成
適用範囲 〜150m2
販売価格 248,000円
業務用オゾン発生器 第2位
第2位 剛腕 GWN-300CT
メーカー オーニット
総合得点 36/50
オゾン発生量 300mg/hr
風量 610L/min
オゾン水生成 不可
適用範囲 〜60m2
販売価格 198,000円
業務用オゾン発生器 第3位
第3位 オゾンクルーラー
メーカーオゾンマート
総合得点46/50
オゾン発生量200mg/hr
風量514L/min
オゾン水生成不可
適用範囲18〜48m2
販売価格49,800円
プラスな1台

第1位 オゾンクラスター1400

メーカー オゾンマート
総合得点 47/50
オゾン発生量 1,400mg/hr
風量 4,250L/min
オゾン水生成
適用範囲 〜150m2
販売価格 248,000円
第2位 剛腕 GWN-300CT
メーカー オーニット
総合得点 36/50
オゾン発生量 300mg/hr
風量 610L/min
オゾン水生成 不可
適用範囲 〜60m2
販売価格 198,000円
第3位 オゾンクルーラー2
メーカー オゾンマート
総合得点 46/50
オゾン発生量 200mg/hr
風量 514L/min
オゾン水生成 不可
適用範囲 18〜48m2
販売価格 49,800円

総合得点について
「総合得点」は、オゾン発生量・風量・買いやすさ・操作性・実績の5つの指標からスコアリングしたものであり、これは製品としての単純な評価に過ぎません。しかし、製品自体の客観的評価と、業種別の評判(口コミ・ブログ・事例紹介・実績等)が必ずしも一致するわけではありません。つまり、総合得点が1位だからといって、どの業種でも1位になるわけではありません。逆に、総合得点が5位なのに、ある業種ではもっもと支持されているというケースもあり、オゾンプラスでは、それらの利用者の声を大いに参考にし、おすすめ基準の大きな要素の1つとしています。

総合得点について
「総合得点」は、オゾン発生量・風量・買いやすさ・操作性・実績の5つの指標からスコアリングしたものであり、これは製品としての単純な評価に過ぎません。しかし、製品自体の客観的評価と、業種別の評判(口コミ・ブログ・事例紹介・実績等)が必ずしも一致するわけではありません。つまり、総合得点が1位だからといって、どの業種でも1位になるわけではありません。逆に、総合得点が5位なのに、ある業種ではもっもと支持されているというケースもあり、オゾンプラスでは、それらの利用者の声を大いに参考にし、おすすめ基準の大きな要素の1つとしています。

ペット関連業におすすめのオゾン水生成器

ペット関連業では、気体のオゾンだけではなく、オゾンを水に溶存させたオゾン水を利用するシーンの方も少なくありません。先に紹介したオゾン発生器の中には、オゾンクラスター1400など、気体のオゾン放出・拡散だけではなく、バブリング式によって〜1ppm程度のオゾン水を生成できる機種もあります。しかし、水量としても10L程度が限界であり、また生成できるオゾン水のオゾン濃度は1ppm程度が限界です。
その点、オゾン水生成器はオゾン水の生成が目的な機器であるだけに、「高濃度(4ppm超等)」「多量(〜50L)」のオゾン水を生成することが可能です。ペット関連業で利用される業務用オゾン水生成器はどうしても高額なものが多く、また製品選びも「詳しくはお問い合わせ下さい(販売価格すらネットで確認できないものが多い)」から始まり、導入までかなりの時間を要するのが一般的です。しかし、ここで紹介されている製品であれば、ペット関連業の現場での実績も多くあり、他社製品と比較してコストパフォーマンスや性能、耐久性に優れているため、安心して即導入することができるでしょう。

処理可能水量〜50L/オゾンバスターPRO
製品名 オゾンバスターPRO
メーカー オゾンマート
処理可能水量 〜50L
生成可能濃度 〜4ppm超
特徴 最大濃度4ppm以上の高濃度オゾン水を誰でもすぐに簡単に生成!あらゆるシーンで利用可。信頼のオゾンバスターシリーズ中堅機。安定感抜群。研究現場の強い味方。
操作性
実績
設置工事の有無 不要
販売価格 89,800円
シャワータイプなら選択肢は他になし
製品名デオシャワー POS-PRO
メーカーデノラ・ペルメレック
処理可能水量550cc/min
生成可能濃度〜1.5ppm
特徴全国1,700以上の動物病院やペットサロンで使われているシャワータイプのオゾン水生成器。家庭用の「デオシャワー POS-310」の業務用(病院用)版。シャワータイプでは圧倒的な実績。
操作性
実績
設置工事の有無不要
販売価格135,000円前後

オゾン発生器で「しっかりニオイを取る」メリットを考える

オゾン発生器の消臭除菌(脱臭含む)のメカニズムは、他の悪臭対策とは根本的に異なります。オゾンは酸素原子3つが結合した気体で、悪臭の原因分子を破壊して根本から消し去ります。そのため、薬剤を使用した消臭剤とは異なり、その効果は一時的なものでもなければ、時間とともに複合臭を生み出しません。加えて、オゾンは悪臭の原因菌やウイルスを分解したあとは酸素に戻って完全無害化するため、安全性も高く、2019年現在、衛生意識が高い多くのペットショップやペットサロン、動物病院等が導入しています。
ペットショップがオゾン発生器を導入するメリットと、導入しないデメリットを紹介します。

オゾン発生器の消臭除菌(脱臭含む)のメカニズムは、他の悪臭対策とは根本的に異なります。オゾンは酸素原子3つが結合した気体で、悪臭の原因分子を破壊して根本から消し去ります。そのため、薬剤を使用した消臭剤とは異なり、その効果は一時的なものでもなければ、時間とともに複合臭を生み出しません。加えて、オゾンは悪臭の原因菌やウイルスを分解したあとは酸素に戻って完全無害化するため、安全性も高く、2019年現在、衛生意識が高い多くのペットショップやペットサロン、動物病院等が導入しています。
ペットショップがオゾン発生器を導入するメリットと、導入しないデメリットを紹介します。

1.「不衛生」という評判は致命傷になる

1.「不衛生」という評判は致命傷になる

ペットショップの店員が手をかけてあげないと、子犬も子猫もフェレットも、糞をして抜け毛だらけにして食べたものを散らかします。
ペットは、何もしなければ不衛生で不潔で悪臭を放つようになります。不特定多数の動物が出入りする動物病院も同じです。そして「臭い店」「臭い動物病院」という評判が立てば、お客さんや患者が激減するでしょう。その悪評がSNSで拡散したら、経営に致命的なダメージを与えることになります。

2.お客さんに安心して来店・来院してもらえる

2.お客さんに安心して来店・来院してもらえる

オゾン発生器を導入するとペットたちが発する独特のペット臭が消えるので、お客さんは安心できます。悪臭がない快適なお店になれば、お客さんはペットたちと触れ合うようになります。ペットになつかれたお客さんは「うちの子にしたい」と思うようになるでしょう。動物病院も同じです。薬品臭以外のニオイは、本能的に「この動物病院は不衛生なのでは…」と気づきます。
オゾン発生器は「臭わない店→お客さんの滞在時間が長くなる→ペットと触れ合う→購入」あるいは「臭わない動物病院→安心→かかりつけとして選んでもらえる→再び来院」という好循環をつくります。

3.ペットたちが安心して暮らせる

3. ペットたちが安心して暮らせる

ペットたちも、不衛生な環境より衛生的な環境を好みます。衛生的な環境で育ったペットたちは健康なので、はつらつとしています。「儲けること」だけの目的でペットショップを開く経営者はいないでしょう。ペットを愛する気持ちがあるからこそ、動物ビジネスを展開できているはずです。
オゾン発生器で快適かつ衛生的なペットショップをつくり、ペットたちが幸せに暮らせるようにしてあげて下さい。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ