オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

業務用オゾン発生器 KPO-T01

業務用オゾン発生器 KPO-T01
オゾン発生量 5pt
風量 4pt
買いやすさ 5pt
操作性 8pt
実績 5pt
総合得点 27/50

KPO-T01は、オゾン発生器メーカー「コトヒラ工業」が製造・販売する業務用オゾン発生器です。
本機は、タイマー自由設定タイプですが、同シリーズでオゾン発生量調整タイプの「KPO-T02」があります。
オゾン発生量調整タイプか、タイマー設定タイプかの違い以外は基本的に同じ仕様になっていますが、KPO-T02との販売価格を比較すると、本機の方が7万円弱高いことから指標チャート内の項目「買いやすさポイント」を下げたため、KPO-T02より2つほど順位を落とす結果となりました。

KPO-T01は、回転電極方式による「ロータリー式オゾナイザー」を搭載し、オゾン発生効率が良く、長寿命の小型オゾン発生器です。本体内部メンテナンスフリーのため、使いやすく消臭除菌効果も高いので、特にホテル清掃などシーンで採用されています。

KPO-T01の仕様及び基本データ

業務用オゾン発生器 KPO-T01
製品名または型番KPO-T01
総合得点27/50
メーカーコトヒラ工業
オゾン発生量120mg/hr
風量134L/min(0.134m3/min)
適用範囲〜49m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
外形寸法W160mm×H195mm×D160mm(突起部除く)
重量3.5kg
電源AC100V(50/60Hz) ケーブル長約2.9m(3Pプラグ)
消費電力34W
運転仕様連続運転
オフタイマー(~10時間)を設定し、オゾン放出の連続運転。
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
定期的にプレフィルタ(KPO-T02-0500)交換が必要。
販売価格207,000円(税別)
製品名または型番KPO-T01
総合得点27/50
メーカーコトヒラ工業
オゾン発生量120mg/hr
風量134L/min(0.134m3/min)
適用範囲〜49m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
外形寸法W160mm×H195mm×D160mm(突起部除く)
重量3.5kg
電源AC100V(50/60Hz) ケーブル長約2.9m(3Pプラグ)
消費電力34W
運転仕様連続運転
オフタイマー(~10時間)を設定し、オゾン放出の連続運転。
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
定期的にプレフィルタ(KPO-T02-0500)交換が必要。
販売価格207,000円(税別)

KPO-T01のオゾン濃度目安

オゾンクルーラーのオゾン濃度目安

オゾン濃度の計算式は、「適正なオゾン濃度」でもご説明した通り、次の「理論値」と「実測値」によって行います。

理論値オゾン発生量(mg/h)÷容積(m³)÷2.14=オゾン濃度(ppm)
※2.14はオゾンの分子量を物質量で割ったもの。
実測値理論値としてのオゾン濃度÷3=実際のオゾン濃度(目安)
※室内換気・反応物(雑菌及び臭気物質)・自己分解などの影響を受け、1/3程度で平衡状態になるため。

これに、KPO-T01のオゾン発生量や風量等を考慮すると、次の表の通りです。
この製品で消臭除菌作業を行う際は、こちらの濃度目安表を参考にして下さい。

時間/広さ5㎡10㎡20㎡30㎡50㎡
5分0.1250.0620.0310.0210.012
10分0.2490.1250.0620.0420.025
20分0.4980.2490.1250.0830.050
30分0.7480.3740.1870.1250.075
40分0.9970.4980.2490.1660.100
50分1.2460.6230.3120.2080.125
60分1.4950.7480.3740.2490.150
KPO-T01のオゾン濃度目安

※単位:ppm
※一般的に、オゾンを利用した消臭除菌効果の目安として、業務用製品では0.1〜0.9ppmで「除菌レベル」、1.0ppm以上で「殺菌レベル」とされています。
※天井高2.5mとして計算。

この製品の特徴

業務用オゾン発生器 KPO-T01

KPO-T01には3つの特徴があります。

  • 「ロータリー式オゾナイザー」でオゾン発生効率が良く長寿命
  • 本体内部はメンテナンスフリー
  • 小型/軽量

よく比較される競合製品

エルベーラ IPO-1.5P-Rに近いスペックの競合製品

KPO-T01と同等レベルの競合他社製品は、オーニットの「剛腕 GWN-300CT」とオゾンマートの「オースリークリア2」という機種になります。

業務用として使うことを考えると、KPO-T01の120mg/hrというオゾン発生量では心もとない数値だといえます。KPO-T01には、タイマー機能がありますが、剛腕 GWN-300CTには連続運転機能もタイマー運転機能もありますし、オースリークリア2はサイクル運転(設定した時間でオゾン放出と停止を繰り返す)なので、KPO-T01の機能面や使い方と比較しても、この2製品は何ら問題ありません。

3機種それぞれのオゾン発生量と販売価格はこちらです。

製品名 メーカー オゾン発生量 販売価格
KPO-T01 コトヒラ工業株式会社 120mg/hr 207,000円
剛腕 GWN-300CT エコデザイン 300mg/hr 198,000円
オースリークリア2 オゾンマート 300mg/hr 49,800円

KPO-T01の口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

KPO-T01の口コミや評判をインターネットで調査しましたが、楽天やアマゾンでは販売されているものの、残念ながらレビューは見つけることができませんでした。

【口コミ・評判・導入事例の調査対象】
メーカー公式サイト
楽天市場
Amazon
ヤフーショッピング
その他利用者の法人・個人の情報サイト等

詳細は公式サイトをチェックしてみてください。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ