オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

業務用オゾン発生器 スペースフレッシャー ミドル

業務用オゾン発生器 スペースフレッシャー ミドル

オゾン発生量7pt
風量8pt
買いやすさ7pt
操作性7pt
実績5pt
総合得点34/50

スペースフレッシャー ミドルは、オゾン発生器メーカー「増田研究所」が製造・販売する業務用オゾン発生器です。
同社の上位機種に「スペースフレッシャー 強化型」があります。

スペースフレッシャー ミドルの仕様及び基本データ

業務用オゾン発生器 スペースフレッシャー ミドル
製品名スペースフレッシャー ミドル
総合得点34/50
メーカー増田研究所
オゾン発生量700mg/hr
風量4,008L/min(4.08m3/min)
適用範囲〜100m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
外形寸法W156mm×H300mm×D235mm(突起部含まず)
重量4.5kg
電源AC100V 50/60Hz
消費電力100W
運転仕様タイマー式
製品寿命利用方法による
メンテナンス1年に1回程度
販売価格250,000円(税別)
製品名スペースフレッシャー ミドル
総合得点34/50
メーカー増田研究所
オゾン発生量700mg/hr
風量4,008L/min(4.08m3/min)
適用範囲〜100m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
外形寸法W156mm×H300mm×D235mm(突起部含まず)
重量4.5kg
電源AC100V 50/60Hz
消費電力100W
運転仕様タイマー式
製品寿命利用方法による
メンテナンス1年に1回程度
販売価格250,000円(税別)

スペースフレッシャー ミドルのオゾン濃度目安

オゾンクルーラーのオゾン濃度目安

オゾン濃度の計算式は、「適正なオゾン濃度」でもご説明した通り、次の「理論値」と「実測値」によって行います。

理論値オゾン発生量(mg/h)÷容積(m³)÷2.14=オゾン濃度(ppm)
※2.14はオゾンの分子量を物質量で割ったもの。
実測値理論値としてのオゾン濃度÷3=実際のオゾン濃度(目安)
※室内換気・反応物(雑菌及び臭気物質)・自己分解などの影響を受け、1/3程度で平衡状態になるため。

これに、スペースフレッシャーミドルのオゾン発生量や風量等を考慮すると、次の表の通りです。
この製品で消臭除菌作業を行う際は、こちらの濃度目安表を参考にして下さい。

時間/広さ5m210m220m230m250m2100m2
5分0.7270.3630.1820.1210.0730.036
10分1.4540.7270.3630.2420.1450.073
20分2.9081.4540.7270.4850.2910.145
30分4.3612.1811.0900.7270.4360.218
40分5.8152.9081.4540.9690.5820.291
50分7.2693.6341.8171.2110.7270.363
60分8.7234.3612.1811.4540.8720.436

※単位:ppm
※一般的に、オゾンを利用した消臭除菌効果の目安として、業務用製品では0.1〜0.9ppmで「除菌レベル」、1.0ppm以上で「殺菌レベル」とされています。
※天井高2.5mとして計算。

この製品の特徴

業務用オゾン発生器 スペースフレッシャー ミドル

スペースフレッシャー ミドルには3つの特徴があります。

  • 処理風量4,083L/minの大風量ファン内蔵
  • 約4.5kgで持ち運び可能
  • シンプル構造でメンテナンスが容易

※メーカー公表の風量は「約245m3/hr」となっています。これを分単位でならすため、60で割った数値を表示。

よく比較される競合製品

スペースフレッシャー ミドルに近いスペックの競合製品

スペースフレッシャー ミドルと同等レベルの競合他社製品は、数年前のTV番組「ほこ×たて」で認知度を高めたオーニット社の剛腕シリーズ「剛腕 GWD-1000(FR/TR)」とエコデザインの「爽太くん ED-POG-3TM」、オゾンマートの「オゾンクラスター1400」という機種になります。

スペースフレッシャーミドルは、やはり値段を見ると剛腕シリーズと同じく少し高めの印象を受けます。販売価格でいえば、スペースフレッシャーミドルとほぼ同価格(スペースフレッシャーミドルより2,000円安い)で、オゾン発生量がちょうど2倍なのがオゾンクラスター1400です。

実は、スペースフレッシャーミドルの風量は当サイトで4番目に多量な数値です。(当サイトに登録されている風量第1位はスペースフレッシャー 強化型、第2位はパンサーJ、第3位はオゾンクラスター1400)

製品名オゾン発生量風量販売価格
スペースフレッシャー ミドル700mg/hr4,008L/min250,000円
剛腕 GWD-1000(FR/TR)1000mg/hr1,370L/min398,000円
爽太くん ED-POG-3TM500mg/hrメーカー非公表40,000円 ※1
オゾンクラスター14001,400mg/hr4,250L/min248,000円

※1 爽太くんはレンタルのみであり、価格は1ヶ月間のレンタル料金

スペースフレッシャー ミドルの口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

スペースフレッシャー ミドルの口コミや評判をインターネットで調査しましたが、楽天市場、Amazon、ヤフーショッピングでも販売していないため、残念ながら見つけることができませんでした。

ただ、この製品はオゾンだけではなく、特許技術を有しているSPCP(沿面放電プラズマ化学プロセス)により、反応性の強い化学的活性種(ラジカルやオゾン等)を豊富に生成し、これを直ちに悪臭成分と接触・反応させることにより分解・脱臭すると記載があります。

オゾン発生器を使ったことがあり、あまり効果が得られなかった場合は、スペースフレッシャー ミドルなら有効だという場合もあるので、検討の余地はあるかもしれません。 

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ