オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

業務用オゾン発生器 スペースフレッシャー 強化型

スペースフレッシャー強化型

オゾン発生量8pt
風量9pt
買いやすさ5pt
操作性6pt
実績4pt
総合得点32/50

スペースフレッシャー 強化型は、オゾン発生器メーカー「増田研究所」が製造・販売する業務用オゾン発生器です。

この機種は、同社の「スペースフレッシャー ミドル」の上位機種になります。

スペック的には、パンサーJにも匹敵する実力ある機種であり、そのパワフルスパックからパンサーJ同様、特殊清掃の現場をメインに利用されています。

スペースフレッシャー 強化型の仕様及び基本データ

スペースフレッシャー強化型
製品名スペースフレッシャー 強化型
総合得点32/50
メーカー増田研究所
オゾン発生量6,000mg/hr
風量4,500L/min(4.50m3/min)
適用範囲〜120m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
外形寸法W460mm×H300mm×D240mm(突起部・ゴム足含まず)
重量14.0kg
電源AC100V 50/60Hz
消費電力300W
運転仕様カレンダータイムスイッチにより1週間に渡りon-offの切り替えを15分刻みで設定できる。
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
部品の交換は頻繁に必要
販売価格500,000円(税別)
製品名スペースフレッシャー 強化型
総合得点32/50
メーカー増田研究所
オゾン発生量6,000mg/hr
風量4,500L/min(4.50m3/min)
適用範囲〜120m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
外形寸法W460mm×H300mm×D240mm(突起部・ゴム足含まず)
重量14.0kg
電源AC100V 50/60Hz
消費電力300W
運転仕様カレンダータイムスイッチにより1週間に渡りon-offの切り替えを15分刻みで設定できる。
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
部品の交換は頻繁に必要
販売価格500,000円(税別)

スペースフレッシャー 強化型のオゾン濃度目安

オゾンクルーラーのオゾン濃度目安

オゾン濃度の計算式は、「適正なオゾン濃度」でもご説明した通り、次の「理論値」と「実測値」によって行います。

理論値オゾン発生量(mg/h)÷容積(m³)÷2.14=オゾン濃度(ppm)
※2.14はオゾンの分子量を物質量で割ったもの。
実測値理論値としてのオゾン濃度÷3=実際のオゾン濃度(目安)
※室内換気・反応物(雑菌及び臭気物質)・自己分解などの影響を受け、1/3程度で平衡状態になるため。

これに、スペースフレッシャー 強化型のオゾン発生量や風量等を考慮すると、次の表の通りです。
この製品で消臭除菌作業を行う際は、こちらの濃度目安表を参考にして下さい。

時間/広さ5㎡10㎡20㎡30㎡50㎡100㎡120㎡
5分6.2313.1151.5581.0380.6230.3120.260
10分12.4616.2313.1152.0771.2460.6230.519
20分24.92212.4616.2314.1542.4921.2461.038
30分37.38318.6929.3466.2313.7381.8691.558
40分49.84424.92212.4618.3074.9842.4922.077
50分62.30531.15315.57610.3846.2313.1152.596
60分74.76637.38318.69212.4617.4773.7383.115
スペースフレッシャー強化型のオゾン濃度目安

※単位:ppm
※一般的に、オゾンを利用した消臭除菌効果の目安として、業務用製品では0.1〜0.9ppmで「除菌レベル」、1.0ppm以上で「殺菌レベル」とされています。
※天井高2.5mとして計算。

この製品の特徴

スペースフレッシャー強化型

スペースフレッシャー強化版には4つの特徴があります。

  • オゾン発生量が多量
  • 大容量ファンを搭載(風量は当サイト第1位)
  • カレンダータイムスイッチを設定することにより1週間にわたり運転制御
  • 増田研究所特許のSPCP(沿面放電プラズマ化学プロセス)を採用

よく比較される競合製品

業務用オゾン発生器パンサーJ

スペースフレッシャーと同等レベルの競合他社製品は、Ecozone Technologies社の「パンサーJ」という機種になります。

スペースフレッシャー強化版は、公式サイトでも「特殊清掃業者向け」と記載があるとおり、高濃度のオゾン発生量と大容量ファンも搭載されているため、かなり強い臭気でもしっかり消臭してくれます。

2機種の販売価格は次のとおりです。

製品名オゾン発生量風量販売価格
スペースフレッシャー強化型6000mg/hr4,500L/min500,000円
パンサーJ7,500mg/hr4,333L/min648,000円

オゾン発生量と風量だけでいうと、スペースフレッシャー強化型に対抗できる製品はもはやパンサーJしかないでしょう。

両者を比較すると、オゾン発生量と風量はさほど変わらず、販売価格としてはスペースフレッシャー強化型に優位性があります。あとは、パンサーJの知名度があまりにも高いため、価格をとるか、知名度をとるかといったところでしょうか。もちろん、「知名度をとる」というのは、アフターフォロー等も考慮してのことです。知名度が高く数が出ているメーカーはアフターフォローが鍛えられている(オペレーションのマニュアル化等)可能性が高いです。

スペースフレッシャー 強化型の口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

スペースフレッシャー強化版の口コミや評判をインターネットで調査しましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

スペースフレッシャー強化版を製造している増田研究所は、より高い消臭効果を得るための研究を行い、特許技術『SPCP(沿面放電プラズマ化学プロセス)』の開発を成功させました。そして、この特許技術は製品にも取り入れられています。

「オゾンだけだとあまり効果がなかったんだよな…」など、他の高濃度オゾン製品を使用して効果がいまいち得られなかったという方は、スペースフレッシャー強化版を使ってみるといいかもしれません。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ