オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

業務用オゾン発生器 ゲルリッツ(Goerlitz)

ゲルリッツ(Goerlitz)
オゾン発生量7pt
風量7pt
買いやすさ8pt
操作性8pt
実績8pt
総合得点38/50(総合得点第7位)

ゲルリッツは、消臭剤・脱臭装置による臭気対策からニオイセンサーまでを行う空気環境の専門メーカー「カルモア」が製造・販売する業務用オゾン発生器です。
この製品は、ホテルや旅館等の宿泊施設関連業、自動車関連業、清掃業、飲食店関連業などを中心に利用されています。

ゲルリッツ(Goerlitz)の仕様及び基本データ

ゲルリッツ(Goerlitz)
製品名ゲルリッツ(Goerlitz)
総合得点38/50(総合得点第7位)
メーカーカルモア
オゾン発生量500mg/hr
風量1,600L/min(1.60m3/min)
適用範囲〜120m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
この製品でできること・120m2までの室内空間の消臭及び除菌
・オゾン発生量の3段階切替(500/300/125mg/hr)
・オフタイマー
この製品でできないこと時間指定のオンタイマー
外形寸法W321.5mm×H180mm×D220mm
重量3.5kg
電源AC100V
消費電力38W
運転仕様タイマー式
オフタイマーを設定し、オゾン連続運転。
※オフタイマーは10分単位(10~60分)
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
オゾン発生体部分を取り出し、3〜6ヶ月に1回程度の水洗い。
販売価格250,000円(税別)
製品名ゲルリッツ(Goerlitz)
総合得点38/50(総合得点第7位)
メーカーカルモア
オゾン発生量500mg/hr
風量1,600L/min(1.60m3/min)
適用範囲〜120m2
オゾン水生成不可
使用環境無人(ペット含む)
用途業務用
この製品でできること・120m2までの室内空間の消臭及び除菌
・オゾン発生量の3段階切替(500/300/125mg/hr)
・オフタイマー
この製品でできないこと・オゾン水の生成
・時間指定のオンタイマー
外形寸法W321.5mm×H180mm×D220mm
重量3.5kg
電源AC100V
消費電力38W
運転仕様タイマー式
オフタイマーを設定し、オゾン連続運転。
※オフタイマーは10分単位(10~60分)
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
オゾン発生体部分を取り出し、3〜6ヶ月に1回程度の水洗い。
販売価格250,000円(税別)

ゲルリッツ(Goerlitz)のオゾン濃度目安

オゾンクルーラーのオゾン濃度目安

オゾン濃度の計算式は、「適正なオゾン濃度」でもご説明した通り、次の「理論値」と「実測値」によって行います。

理論値オゾン発生量(mg/h)÷容積(m³)÷2.14=オゾン濃度(ppm)
※2.14はオゾンの分子量を物質量で割ったもの。
実測値理論値としてのオゾン濃度÷3=実際のオゾン濃度(目安)
※室内換気・反応物(雑菌及び臭気物質)・自己分解などの影響を受け、1/3程度で平衡状態になるため。

奈良県立医科大学の新型コロナウイルス不活化実験に使用した気密ボックス内でゲルリッツを使用した場合「1ppmなら1.1秒・6ppmなら6.6秒」です。

これに、ゲルリッツのオゾン発生量や風量等を考慮すると、次の表の通りです。
この製品で消臭除菌作業を行う際は、こちらの濃度目安表を参考にして下さい。

時間/広さ 5m2 10m2 20m2 30m2 50m2 100m2 120m2
5分 0.519 0.260 0.130 0.087 0.052 0.026 0.022
10分 1.038 0.519 0.260 0.173 0.104 0.052 0.043
20分 2.077 1.038 0.519 0.346 0.208 0.104 0.087
30分 3.115 1.558 0.779 0.519 0.312 0.156 0.130
40分 4.154 2.077 1.038 0.692 0.415 0.208 0.173
50分 5.192 2.596 1.298 0.865 0.519 0.260 0.216
60分 6.231 3.115 1.558 1.038 0.623 0.312 0.260
ゲルリッツの濃度目安

単位:ppm
※一般的に、オゾンを利用した消臭除菌効果の目安として、業務用製品では0.1〜0.9ppmで「除菌レベル」、1.0ppm以上で「殺菌レベル」とされています。
※天井高2.5mとして計算。

こうしてゲルリッツのオゾン濃度を冷静に見てみると、メーカー公表の適用範囲は〜120m2となっていますが、60分間のオゾン放出でも空間濃度は0.260ppm程度となりますので少し心細い数値であることが分かります。
※実際の室内空間には、家具や調度品があることから上記のオゾン濃度目安表より少し高い濃度になることが想定されます。

この製品の特徴

出典:http://blog.livedoor.jp/hideki_soma/archives/50927011.html

ゲルリッツ(Goerlitz)は、「オゾン回収機能」が付いた手で持ち運べる小型業務用オゾン発生器です。

ゲルリッツ(Goerlitz)で消臭除菌作業を行う際は、必ず「無人環境(ペット含む)」で行って下さい。

業務用オゾン発生器「ゲルリッツ(Goerlitz)」の特徴は次のとおりです。

  • 室内10坪以内の使用に最適
  • 500/300/150mg/hrの3段階のオゾン濃度切替
  • オゾン発生体の水洗いが可能
  • オゾン回収機能搭載
  • 約3.5kgの軽さで片手で持ち運べる
  • スイッチオンだけの簡単操作
  • 3〜6ヶ月に1回のメンテナンスでOK

よく比較される競合製品

ゲルリッツ(Goerlitz)と同等レベルの競合他社製品は、コスパ評価の高いオゾンマート社の「オゾンクラスター1400」、数年前のTV番組「ほこ×たて」で認知度を高めたオーニット社の「剛腕 GWN-2000S」という機種になります。

その販売価格を比較すると、次の表にあるとおり、コストパフォーマンスという観点では、オゾンクラスター1400に優位性があります。

機種名メーカーオゾン発生量販売価格
ゲルリッツ(Goerlitz)カルモア500mg/hr250,000円
オゾンクラスター1400オゾンマート1,000mg/hr248,000円
剛腕 GWN-2000Sオーニット2,000mg/hr645,000円

オゾンの発生量をみても、ゲルリッツは少し物足りなさを感じてしまいます。しかし当サイトでは、オゾン発生量・風量・買いやすさ・操作性・実績など業務用オゾン発生器の重要な指標となる各項目について数値化し、チャートも公表しているとおり、この製品は数あるオゾン発生器の中で総合得点第6位を獲得しています。

オゾン発生量の調整ができる点も評価が高く、使用する環境が複数あり、かつ広さが異なるという場合はゲルリッツはおすすめです。

ゲルリッツ(Goerlitz)の口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

ゲルリッツ(Goerlitz)の口コミや評判をインターネットで調査しましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

【口コミ・評判・導入事例の調査対象】

  • メーカー公式サイト
  • 楽天市場
  • Amazon
  • ヤフーショッピング
  • その他利用者の法人・個人の情報サイト等

ただ、この製品はインターネット上でその口コミや評判を確認できないだけで、中古車販売業者や宿泊施設業の間で実際に使われている製品であることは間違いありません。

予算的に少しでも安く購入したい、またオゾン発生量を場所によって調整したいという場合、はこの製品以外に選択肢はないのかもしれません。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ