オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

家庭用オゾン発生器 エアクローバー TM-11NE

家庭用オゾン発生器 エアークローバー TM-11NE

オゾン発生量8pt
デザイン6pt
買いやすさ1pt
操作性7pt
実績7pt
総合得点29/50

エアクローバー TM-11NEは、浴用化粧料やマッサージャー等を販売する「ビーライン」が販売し、タムラテコが製造する家庭用オゾン発生器です。

本機は業務用オゾン発生器部門に登録されている「バクテクターO3(TM-11MFE)」がベースとなる製品になります。
※オゾン発生量・重量・サイズ等が若干異なります。

コストパフォーマンス的には悪くない製品ですが、「家庭用」として考えた場合、その販売価格は決して安くなくそこだけがネックかもしれません。ただし、タムラテコのバクテクターO3がベースになっているだけあり、製品自体の実績は申し分ないといえます。

エアクローバー TM-11NEの仕様及び基本データ

家庭用オゾン発生器 エアークローバー TM-11NE
製品名エアクローバー TM-11NE
総合得点29/50
メーカービーライン(販売元)
タムラテコ(製造元)
オゾン発生量50mg/hr(20/30/40/50mg/hrの4段階切替)
適用範囲6畳~50畳
オゾン水生成不可
使用環境有人・無人(モードや状況による)
用途家庭用(業務用兼用)
この製品でできること・60畳までの室内空間の消臭及び除菌
・有人環境(ペット含む)での常時稼働
この製品でできないこと・オゾン水の生成
・20mg/hr以下のオゾン放出
外形寸法W195mm×H211mm×D134.5mm
重量1100g
電源AC100V 50/60Hz
消費電力7.6W
運転仕様24時間常時稼働
4段階で切替可能なオゾン発生量を選択し、人感センサー標準装備で24時間連続稼働
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
定期的にオゾン発生体の水洗い。(フィルターやランプ等の消耗品交換はありません)
販売価格207,360円
製品名エアクローバー TM-11NE
総合得点29/50
メーカービーライン(販売元)
タムラテコ(製造元)
オゾン発生量50mg/hr(20/30/40/50mg/hrの4段階切替)
適用範囲6畳~50畳
オゾン水生成不可
使用環境有人・無人(モードや状況による)
用途家庭用(業務用兼用)
この製品でできること・60畳までの室内空間の消臭及び除菌
・有人環境(ペット含む)での常時稼働
この製品でできないこと・オゾン水の生成
・20mg/hr以下のオゾン放出
外形寸法W195mm×H211mm×D134.5mm
重量1100g
電源AC100V 50/60Hz
消費電力7.6W
運転仕様24時間常時稼働
4段階で切替可能なオゾン発生量を選択し、人感センサー標準装備で24時間連続稼働
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス必要
定期的にオゾン発生体の水洗い。(フィルターやランプ等の消耗品交換はありません)
販売価格207,360円

エアクローバー TM-11NEのオゾン濃度目安

オゾン濃度の計算式は、「適正なオゾン濃度」でもご説明した通り、次の「理論値」と「実測値」によって行います。

理論値オゾン発生量(mg/h)÷容積(m³)÷2.14=オゾン濃度(ppm)
※2.14はオゾンの分子量を物質量で割ったもの。
実測値理論値としてのオゾン濃度÷3=実際のオゾン濃度(目安)
※室内換気・反応物(雑菌及び臭気物質)・自己分解などの影響を受け、1/3程度で平衡状態になるため。

これに、エアクローバー TM-11NEのオゾン発生量や風量等を考慮すると、次の表の通りです。※最大時
この製品で消臭除菌作業を行う際は、こちらの濃度目安表を参考にして下さい。

エアクローバー TM-11NEのオゾン発生量は、4段階切替で最大50mg/hrとなっています。ここでは主に有人環境での安全性を示すために濃度計算することが目的なので、下の表では本機の最大オゾン発生量「50mg/hr」で計算しています。

オゾン濃度は時間経過とともに、際限なく濃度が高まるわけではありません。何故なら、オゾンは時間とともに自己分解するため、オゾンの放出を継続しても、数時間で平衡状態になるからです。

なお、エアクローバー TM-11NEの適用範囲は「6〜50畳」とされていることから広さは6畳・18畳半・30畳・50畳で計算します。

時間/広さ 6畳 18畳 30畳 50畳
5分 0.024 0.008 0.005 0.003
10分 0.048 0.016 0.009 0.006
20分 0.095 0.032 0.019 0.011
30分 0.143 0.047 0.028 0.017
40分 0.190 0.063 0.038 0.023
50分 0.238 0.079 0.047 0.028
60分 0.285 0.095 0.057 0.034
70分 0.333 0.111 0.066 0.040
80分 0.380 0.127 0.076 0.046
90分 0.428 0.142 0.085 0.051

※単位:ppm
※天井高2.5mとして計算。

エアクローバー TM-11NEの最大オゾン発生量が50mg/hrであることと、オゾンは時間とともに自己分解するため、オゾンの放出を継続しても、数時間で平衡状態になることを考慮したうえで、上記オゾン濃度目安表を見ると、本製品を有人環境下で使用することは安全であることが分かります。
ただし、表をみても分かるとおり、6畳の室内空間で50mg/hrのオゾン放出を行うと、その空間濃度は約60分で0.2ppmを超過することから狭い空間で使用する際にはこの製品のオゾン発生量切替機能を上手に活用しましょう。

この製品の特徴

エアークローバー TM-11NE​

エアクローバー TM-11NE特徴は次のとおりです。

  • オゾン発生量が4段階(LL/L/H/HH)で切り替え可能
  • 強モードはオゾン発生量50mg/hrでパワフル
  • 軽量・コンパクト設計
  • 同型機種が救急車への搭載実績あり
  • 「時限モード」と「連続モード」切り替え
  • 近接センサー(前方60cm)

一番強いモード(HH)モードはオゾン発生量50mg/hr、一番低いモードでも20mg/hrと比較的オゾン発生量が多いため、トイレやクローゼット、その他、たとえば「3畳あるが天井が2m以下」などの極端に狭い場所(9m3以下)では、連続して利用しないことをおすすめします。

もし利用する場合は使用後にはよく換気をし、オゾンのニオイがなくなってから入室するようにしましょう。

よく比較される競合製品

家庭用オゾン発生器オゾンクルーラー

エアクローバー TM-11NEは家庭用としても使用できて、業務用兼用なのでオゾン発生量も多め。この機器に対抗できるのは、オゾンマート社の「オゾンクルーラー」一択かもしれません。※オゾンクルーラーの方が最大オゾン発生量が多いです。

家庭用として使うには、デザイン性、軽量、オゾン発生量などの条件も大事です。その点でもオゾンクルーラーならクリアしているでしょう。さらにエアクローバー TM-11NEの最大のデメリットともいえる価格面(207,360円)でも、オゾンマート社のオゾンクルーラー(49,800円)に優位性があります。価格がすべてではありませんが、エアクローバー TM-11NEを1台購入する金額でオゾンクルーラーが4台購入できるのは大きな差だといっていいでしょう。

しかし、エアクローバー TM-11NEの同型機種が、救急車への搭載実績があるというのはすごい信頼性です。どちらのオゾン発生器も多くの実績がある信頼できる製品です。

製品名オゾン発生量(最大)メーカー市場価格
エアクローバー TM-11NE50mg/hrタムラテコ207,360円
オゾンクルーラー200mg/hrオゾンマート49,800円

※市場価格はあくまでも目安であり、この価格で購入できることを保証するものではありません。

※市場価格はあくまでも目安であり、この価格で購入できることを保証するものではありません。

エアクローバー TM-11NEの口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

エアクローバー TM-11NEの口コミと評判をご紹介したかったのですが、この製品に関するレビューを確認することはできませんでした。(調査対象:楽天/Amazon/ヤフーショッピング/価格.com/一般ブログ等)

本機の口コミ及びレビューが確認できたら、随時アップしていきたいと思います。

このエアクローバー TM-11NEの同型機種が救急車に搭載された実績と、製造元がタムラテコであることを考えれば品質は良く、完成度はきわめて高いオゾン発生器だといえるでしょう。

人やペットがいても安心して利用(常時稼動)できるオゾン発生器のランキングはこちら。

人やペットがいても安心して利用(常時稼動)できるオゾン発生器のランキングはこちら。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ
家庭用オゾン発生器部門の第1位の製品
人やペットがいる環境でも安心・安全に使用できる

有人環境専用設計
オゾン発生器部門(今日現在)の第1位を