オゾンプラス

日本最大級のオゾン専門ポータルサイト|オゾンプラス

家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ

家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ

オゾン発生量2pt
デザイン6pt
買いやすさ7pt
操作性7pt
実績6pt
総合得点28/50

オゾンリフレッシュは、オゾン発生器メーカー「オゾンマート」が製造・販売する電池式の家庭用オゾン発生器です。

本機はオゾン発生量1mg/hrですが、同シリーズの上位機種として2倍のオゾン発生量(2mg/hr)の「オゾンリフレッシュプラス」があります。この機種のご購入を検討している方はそちらもあわせてご確認下さい。

オゾンリフレッシュの仕様及び基本データ

家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ
製品名オゾンリフレッシュ
総合得点28/50
メーカーオゾンマート
オゾン発生量1.0mg/hr
適用範囲~8畳
オゾン水生成不可
使用環境有人
用途家庭用
この製品でできること・8畳までの室内空間の消臭及び除菌
・有人環境(ペット含む)での常時稼働
この製品でできないこと・オゾン水の生成
・9畳以上の広い部屋での消臭除菌
外形寸法W63mm×H115mm×D74mm
重量70g
電源単三乾電池4本(付属しません)
運転仕様モード式
モード1:150秒間のオゾン放出→27.5分間停止の間欠運転
モード2:20分間のオゾン放出→57分間停止→3分間運転の間欠運転
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス不要
販売価格9,800円
製品名オゾンリフレッシュ
総合得点28/50
メーカーオゾンマート
オゾン発生量1.0mg/hr
適用範囲〜8畳
オゾン水生成不可
使用環境有人
用途家庭用
この製品でできること・8畳までの室内空間の消臭及び除菌
・有人環境(ペット含む)での常時稼働
この製品でできないこと・オゾン水の生成
・9畳以上の広い部屋での消臭除菌
外形寸法W63mm×H115mm×D74mm
重量70g
電源単三乾電池4本(付属しません)
運転仕様モード式
モード1:150秒間のオゾン放出→27.5分間停止の間欠運転
モード2:20分間のオゾン放出→57分間停止→3分間運転の間欠運転
製品寿命利用頻度や環境による
メンテナンス不要
販売価格9,800円

オゾンリフレッシュのオゾン濃度目安

オゾン濃度の計算式は、「適正なオゾン濃度」でもご説明した通り、次の「理論値」と「実測値」によって行います。

理論値オゾン発生量(mg/h)÷容積(m³)÷2.14=オゾン濃度(ppm)
※2.14はオゾンの分子量を物質量で割ったもの。
実測値理論値としてのオゾン濃度÷3=実際のオゾン濃度(目安)
※室内換気・反応物(雑菌及び臭気物質)・自己分解などの影響を受け、1/3程度で平衡状態になるため。

これに、オゾンリフレッシュのオゾン発生量や風量等を考慮すると、次の表の通りです。
この製品で消臭除菌作業を行う際は、こちらの濃度目安表を参考にして下さい。

時間/広さ 1畳(1.82㎡) 4畳半(8.2㎡) 8畳(14.6㎡)
5分 0.003 0.001 0.000
10分 0.006 0.001 0.001
20分 0.011 0.003 0.001
30分 0.017 0.004 0.002
40分 0.023 0.005 0.003
50分 0.028 0.006 0.004
60分 0.034 0.008 0.004
70分 0.040 0.009 0.005
80分 0.045 0.010 0.006
90分 0.051 0.011 0.006
単位:ppm ※天井高2.5mとして計算。

オゾンリフレッシュの最大オゾン発生量が1mg/hrであることと、オゾンは時間とともに自己分解するため、オゾンの放出を継続しても、数時間で平衡状態になることを考慮したうえで、上記オゾン濃度計算式を見ると、本製品は有人環境下で使用することは安全だと証明されました。

この製品の特徴

家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ家庭用オゾン発生器 オゾンリフレッシュ

オゾンリフレッシュには3つの特徴があります。

  • コードレスで置き場所を選ばない(単3電池4本で約1ヶ月)
  • 重量70gの軽量・コンパクト設計
  • 1年間の製品保証付き

オゾン発生量が1mg/hのオゾン発生器ではかなり低価格なので、オゾン発生器入門におすすめの機器です。オゾンリフレッシュを販売しているオゾンマートはどの製品もコスパが優秀なので、当サイトでも業務用・家庭用ともに1位を獲得しています。

よく比較される競合製品

オゾンリフレッシュの競合ライバルオゾン発生器

オゾンリフレッシュと同等レベルの競合他社製品は、富士通ゼネラルの「プラズィオン」とOCRの「ピコレッツ」という機種になります。

オゾン発生量で見た場合はどれもほぼ大差はありませんが、それぞれ給電方法が電池であったりコンセントであったりと異なるので、ご自分の使用環境に一番マッチしている機種を選びましょう。

もし、より広範囲で使いたい、あるいは、「うちは、もう少しオゾン発生量が多くて大丈夫」という場合は、当サイト家庭用オゾン発生器部門で上位にランクインしている「オゾンクルーラー」をおすすめします。もちろんオゾンクルーラーも家庭用専用設計なので、有人環境でも安心してご利用いただけます。

オゾンクルーラーは3つのモードがあり、内2つのモードは有人環境で利用できます。

製品名メーカーオゾン発生量市場購入価格(目安)
オゾンリフレッシュオゾンマート1mg/h9,800円
オゾンリフレッシュプラスオゾンマート2mg/h14,800円
プラズィオン DAS-15E富士通ゼネラル1.5mg/h13,000円程度
ピコレッツ PLS-1OCR1mg/h9,720円

オゾンリフレッシュの口コミと評判

オゾンバスターの口コミと評判

オゾンリフレッシュの口コミと評判をご紹介します。
この機種の購入を検討している方は是非参考にして下さい。

トイレの消臭に

オゾン発生量が少ないので、狭い空間で脱臭するのはいいのではないでしょうか。トイレで使っていますが、臭いが軽減されたと感じています。今度は下駄箱で使ってみようと思います。

Amazonレビューから

消臭力ハンパないって!

長州力でもショウシュウリキでもなく、消臭力ハンパないです‼︎

築年数がそれなりに経過した店舗のお手洗いの湿気まじりの匂いがスッキリ‼︎

同じような境遇の店舗オーナーさんには必須アイテムだと思います♪

Amazonレビューから

効果みられない

本体を振るとカラカラ音がします、なんか変ですね! 

使ってみてこのタイプで部屋の消臭は無理だと思いました、下駄箱、冷蔵庫などですね、それなりの安い消臭で充分です、それならば非常に高い買い物になりました

楽天市場レビューから

レビュー数があまり多くなかったので少し信ぴょう性には欠けてしまいますが、効果を体感できたというユーザーもいる反面、まったく効果が感じられなかったというレビューもありました。

機器から異音がするというのは初期不良ということもありえるのですが、オゾンマートは製品保証1年がかならず付いていますので、万が一初期不良などがあった場合はすぐに交換してもらえますので心配はありません。

問題は消臭効果ですが、これは使用環境によっては効果が感じられない場合も十分にありえます。使いたい場所にあったオゾン発生量、風量のオゾン発生器を使うことが大事です。

靴箱やクローゼットなどの狭い空間の消臭をしたいのであれば、オゾンリフレッシュは十分おすすめできるオゾン発生器です。

Copyright © OZONE PLUS. All Rights Reserved.

上へ